シャープが「AQUOS sense7」のSIMフリーモデル(SH-M24)を発表した。市場想定価格は5万円台前半(税込み)で、発売は11月25日。

 本製品は「AQUOS sense6」から66%大型化した1/1.55型のイメージセンサーや、約2倍高速化した像面位相差オートフォーカスを搭載。2022年夏発売のフラグシップモデル「AQUOS R7」同様、アウトカメラを中央に配置した。

 前面に約6.1型で10億色表示が可能な省エネIGZO OLEDディスプレイを備える他、3年使用後もバッテリー容量90%以上を維持できるとされるインテリジェントチャージを搭載している。マスク装着時の顔認証にも対応する。

 OSはAndroid 12、プロセッサはSnapdragon 695 5G、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GB、バッテリー容量は4570mAh。IPX5/8の防水性能とIP6Xの防塵(じん)性能、MIL規格の耐衝撃性能、指紋/顔認証、おサイフケータイをサポートする。

 サイズは約70(幅)×152(高さ)×8.0(奥行き)mm、重量は約158gで、カラーはライトカッパー、ブルー、ブラックの3色展開となっている。

 ネットワークに関してはNTTドコモやKDDIでも販売されていることもあり、国内MNO(国内キャリア)の主要な周波数に対応。n257(ミリ波)には対応しないが、ドコモ5G(Sub-6)のn78(3.7GHz帯)とn79(4.5GHz帯)をしっかりカバーしている。具体的な対応バンドは以下の通り。

・5G:n3/n28/n41/n77/n78/n79

・LTE:Band 1/2/3/5/8/12/17/18/19/21/38/39/41/42

・3G:Band 1/2/5/8

・GSM:850/900/1800/1900MHz