現在ソフトバンクのサブブランドとしてサービスを提供しているY!mobileは、1990年代からPHSサービスなどを提供していたDDIポケット→ウィルコムと、携帯電話サービスを提供していたイー・アクセスが合併して生まれたワイモバイルが元となる。

 ワイモバイルが生まれたのは2014年6月だ。当時ソフトバンク(現ソフトバンクグループ)傘下だったイー・アクセスとソフトバンク子会社のウィルコムが合併し、その合併会社をヤフー(現Zホールディングス)が取得するはずだったが、ヤフー親会社ソフトバンクとの協議の結果、「協業」としてワイモバイルの事業が始まった。以降Y!mobileのサービスはソフトバンクモバイル(現ソフトバンク)が行うこととなった。

 その後、2015年4月にソフトバンクモバイルがソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム(旧日本テレコム)、ワイモバイルと合併し、通信事業者としてのソフトバンクとY!mobileのサービスを提供している。ソフトバンクモバイルがソフトバンクへ社名を変更したのは2015年7月だ。ワイモバイルが法人として存在していたのは約10カ月だった。