ソニーのAndroidスマートフォン「Xperia 5 IV」が、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルから2022年10月に発売された。

 Xperia 5 IVはアウトカメラに約1220万画素の広角、超広角、望遠の3眼カメラを搭載し、自動で被写体の瞳に焦点が合う「リアルタイム瞳AF」に対応。立体感のある音質を楽しめる独自の「フルステージステレオスピーカー」や、約6.1型の有機ELディスプレイ、5000mAhのバッテリーも備える。

 プロセッサはSnapdragon 8 Gen 1、メインメモリは8GB、内蔵ストレージは128GB。nanoSIM/eSIMのデュアルSIM仕様で、おサイフケータイやIP68等級の防塵(じん)・防水にも対応する。5GはSub-6のみに対応し、ミリ波には対応しない。

 これまでにXperia 5 IVとXperia 5 IIIの違いを比較した記事、価格の記事は本誌でもお伝えしてきたが、スペックや実機だけでは分からなかった見逃せないトピックがある。VLOGだ。

●ソニーが推進するVLOG向けのカメラ機能と周辺機器

 Xperia 5 IVは配信者に向けた動画アプリVideo Pro(Videography Pro)や、シューティンググリップなどのアクセサリーに対応しており、よりVLOGに力を入れたモデルといえる。

 スマートフォンそのものの完成度が高まり市場が成熟したこともあり、昨今のデジタルカメラ市場は苦境と見られている。そこでデジタルカメラ各社がスマートフォンに対抗馬として打ち出しているのがVLOG向けのカメラだ。一方、スマートフォンメーカー各社もそれに負けじとハイエンドモデルを中心にカメラ機能を年々強化している。

 このVLOG、実はコロナ前まではあまりなじみのない言葉で、SNSでもそのワードは今のように飛び交っていなかった。VLOGはVideo Blogの略で、自宅での商品紹介やマスクをして街歩きをしたような動画など、SNSやYouTubeを中心にあらゆる作品が存在している。

 配信手段はスマートフォン、デジタルカメラと人によって違うだろう。スマートフォンが動画配信アプリを使って直接手軽に発信できるのに対し、デジタルカメラはレンズ交換やレンズならではのボケ表現に向いている。手持ちで簡単撮影ならスマートフォン、質を求めるならデジタルカメラがいいだろう。

 だが、個人的にはスマートフォンのVLOG活用に向けた、各社の訴求力は足りないと思う。手持ちならスマートフォン1台でいいだろうが、手ブレを抑えて録画開始/停止の操作を行うならやはりコントローラーになる三脚やジンバルを別途買うはめになる。多くのスマートフォンには付属、あるいは純正のオプションが用意されていないからだ。

 ところがソニーのXperiaはどうだろう。過去を少し振り返ってみると、プロクリエイター向けモデルの「Xperia PRO-I」 で初めてソニー純正アクセサリーが用意された。Bluetooth対応のシューティンググリップ「GP-VPT2BT」(家電量販店価格は1万2900円)と、それにマグネットで簡単に取り付けられる「Vlog Monitor XQZ-IV01」(家電量販店価格は2万4200円)だ。

 どちらも別売りだが、これはソニーが「スマートフォンのVLOGカメラ化」に本腰を入れたと見てとれる。

●Xperia 5 IVならXperia PRO-Iよりも安価にVLOGを導入できる

 だが、これで手軽にVLOGを始められるか? と聞かれると首を縦に振れない。非常に高額だからだ。発表時(2021年秋)の市場想定価格はXperia PRO-Iだけで19万8000円。それから約1年後の2022年10月現在でも量販店では約15万円で売られている。いくら値下げされたとはいえ、財布のひもが緩むことはなかろう。

 単純計算すると、Xperia PRO-Iにこれらのアクセサリーの価格を足した合計金額は約20万円。SIMフリー市場向けに家電量販店やAmazonで売られているため、大手キャリアのように一定期間使用した後に返却して割引を受けられない。

 そのデメリットを踏まえてなのか、大手キャリアが2022年夏商戦向けのモデルとして発売した「Xperia 1 IV」、そして同じく大手キャリアが2022年秋冬商戦向けモデルとして間もなく発売する「Xperia 5 IV」でもようやくソニー純正のアクセサリーに対応した。前述のトピックというのはまさしくこれで、当初はPRO-Iでしか使えなかったアクセサリーが他の機種にも対応した格好だ。

 Xperia 5 IVでも1回払いの価格は10万円を超えるが、大手キャリアの端末購入補助プログラムの利用で実質負担額を抑えることが可能だ。ソニーは対応機器と選択肢を広げたことで「VLOGカメラフォン、お高いんでしょ」とためらっていた人を、今度こそ本気で取り込めるかもしれない。

 しかし、そのためには各機種の違いが分かりやすく明示されていなければならない。Xperia PRO-I、Xperia 1 IV、Xperia 5 IVはそれぞれスペックや価格帯が異なる。

●Xperia 1 IVやXperia 5 IVでも手軽にVLOGを導入できることの訴求が足りない?

 そもそもXperia PRO-Iは1型センサーを搭載し、イメージングを売りにした製品。プロやセミプロをターゲットとしたPROシリーズの1機種で、一般的なスマートフォンを購入する層をターゲットとしていないのは確かだ。

 それに対してXperia 1 IVとXperia 5 IVは1型センサーを搭載していない。Xperia 1 IVとXperia 5 IVではVideo Pro(Videography Pro)から直接ライブ配信が行えるようになるなど、ソフトウェアの部分もテコ入れした。Xperia PRO-Iも「2022年中のソフトウェアアップデートで対応予定」だが、先に対応したのはXperia 1 IVとXperia 5 IVだ。

 だが、それらの違いをソニーは分かりやすく示せていないし、公式サイトではソニーがキャリアに納入しているモデルを含めて比較できない。もちろん情報の全てをソニーがコントロールできない事情もあるだろうが、それでもユーザーから見れば「何がどう違うの?」をぱっと見で分かるようにしてほしいところだ。

 とはいえ、これからのスマホ選び、特にハイエンドモデルというくくりでいえば、差別化はメーカー、端末独自の個性が光ったものの方が、評価されやすいと感じる。そういう点ではPRO-I、Xperia 1 IV、Xperia 5 IVは純正アクセサリー対応などで、他の端末との差別化を図っているといえる。

 XperiaにはミッドレンジのXperia 10 IVやエントリーのXperia Ace IIIが存在する。これらも今後、純正アクセサリーに対応するかどうか、2022年11月時点では不明だが、多くのVLOGユーザーの端末をXperiaにさせられるかどうかは、ハイエンドよりも安価な端末にも左右されるところではないだろうか。