ITmedia Mobileにおける1週間の記事アクセス数を集計し、その上位10記事を紹介する「ITmedia Mobile Weekly Top10」。今回は2022年11月17日から2022年11月23日までの7日間について集計し、まとめました。

 今回の期間におけるアクセス数の1位は、スマートフォンに内蔵されているバッテリーの寿命に関する記事でした。

 3週間前のトップ10でも触れた通り、現在のスマートフォン、タブレットやノートPCでは「リチウムイオンバッテリー」または「リチウムポリマーバッテリー」が使われています。その寿命の指標の1つが充放電の繰り返しを表す「サイクルカウント」で、スマホやタブレットの場合は300〜500カウントで寿命とされています。

 このサイクルカウントは、もう1つのバッテリー指標である「満充電容量」ともおおむね比例していいます。満充電容量は、充放電を繰り返すごとに少しずつ減っていき、新品時の容量(または定格容量)の50〜80%で寿命とされています。

 最近のスマホ、タブレットやノートPCは、バッテリーを自分で交換できない設計としているものが多いです。そのため、バッテリーが寿命を迎えた場合は別の端末に買い換えるか、修理窓口にバッテリー交換を依頼する必要があります。「まだ使えるから……」とずっと使っていると、以下のようなことが発生する恐れがあります。

・バッテリーが物理的にふくらむ→本体が破損する可能性もある

・バッテリーが発熱しやすくなる→最悪の場合発煙や発火につながる

 良いことは何一つありませんので、早めに対応するようにしましょう。

●ITmedia Mobile Weekly Access Top10

2022年11月10日〜2022年11月16日

1. スマホのバッテリーを交換せずに使い続けてはいけない理由

2. アンカー、「Amazonブラックフライデー」で170製品以上を最大50%オフ

3. Apple StoreでiPhoneを“より安く買う”2つの方法 Apple WatchやAirPodsは「コストコ」も狙い目

4. PayPayでキャリア乗り換え時にやってはいけないこと

5. ドコモの「ワンナンバーサービス」、5台まで使えるオプションを月額550円で提供

6. ドコモ、防水タブレット「dtab d-51C」を店頭で11月23日から販売

7. 高性能なのに「寄れない」最近のスマホカメラ 解決するには?

8. バリエーション豊かな「iPad」どれを買うのが正解? 用途やスペックで考える

9. IIJmio、OCN モバイル ONE、mineo、BIGLOBEモバイルのキャンペーンまとめ【11月19日最新版】 スマホの特価セールを見逃すな

10. ライカのスマホ「Leitz Phone 2」を深掘り AQUOS R7とはどこが違う?