NTTドコモは11月28日、22歳以下の人が対象プランを契約した場合、3カ月分の利用料金を割り引く「ドコモ青春割」を発表。12月1日から、ドコモショップ、量販店、一般販売店、ドコモオンラインショップで申し込みを受け付ける。記事内は全て税込み。

 対象は新規契約(MNP新規を含む)、機種変更(持ち込み機種を含む)、契約変更、プラン変更の手続きにおいて、「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア(定期あり/なし)」を契約した22歳以下の人。

 例えば、実質無制限で利用可能な料金プランの5Gギガホ プレミアでは、割引適用前の月額料金が7315円のところ、ドコモ青春割で3839円引き、ドコモ3回線以上のみんなドコモ割で1100円引き、ドコモ光セット割で1100円引き、dカードお支払割で187円引きとなり、3カ月間は1089円を維持できることになる。

 毎月の割引額は5Gギガホ プレミアで3GBを超えて利用した場合が3839円、3GB以下の場合が2189円となる。ギガホ プレミアでは3GB超えが3740円、3GB以下が2090円となる。

 なお、下記のいずれかに該当した場合、ドコモ青春割が適用されるのは当月末までとなる。

・割引期間が終了となる場合

・対象外料金プランに変更した場合

・法人名義へ名義変更した場合

・電話番号保管を申し込んだ場合

・利用者情報を廃止した場合

・契約回線を解約した場合

 携帯電話の料金プランをめぐっては、自社ネットワークを広げている楽天モバイルが7月に提供を始めた新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」で“1GBまでは0円”を撤廃。11月からは0から3GBまでが月額1078円、3GBから20GBまでが2178円、20GB以降が3278円となり、10月末までの実質無料が無くなった。

 多くのデータ量を消費するユーザーかつ出費を抑えたいユーザーが、乗り換え先としてKDDIのオンライン専用プラン「povo 2.0」を選択している。ドコモはドコモ青春割で春先に向けてデータ量を消費する若年層をさらに取り込みたい狙い。