突然だが、皆さんは「MediaTek(メディアテック)」という会社をご存じだろうか。

 同社は1997年に台湾UMCから分社する形で生まれた台湾のファブレス半導体メーカーだ。ここ数年は主にエントリー/ミドルレンジのスマートフォンに同社のSoC(プロセッサ)が採用されることも多いため、名前を知っているという人も少なくないだろう。

 エントリー/ミドルレンジスマホに広く浸透したMediaTekのSoCだが、高価格帯(≒ハイエンド)スマートフォン向けのSoCに絞ると、競合である米Qualcommがシェアの面で圧倒している。しかし、最近は高価格帯スマホ向けSoCにおけるMediaTekのシェアが高まっている。米IDCの調査によると、中国本土における500ドル(7万円弱)超のスマホにおけるMediaTek製SoCのシェアは、2021年第1四半期(1〜3月)において12.1%だったが、2022年第2四半期(4〜6月)には33.9%まで拡大しているという。

 そんなMediaTekがハイエンドスマホ向けに投入する戦略的プロセッサが「Dimensity 9200」だ。現時点では中国vivoの最新ハイエンドスマホ「vivo X90 Pro」での採用が決まっている同プロセッサだが、どのような特徴を持っているのだろうか。11月25日にメディアテックジャパン(MediaTekの日本法人)が開催したセミナーでの解説の模様を紹介する。

●「究極のパフォーマンス」を「比類なき効率」で実現

 Dimensity 9200は、MediaTekにおける「5Gスマホ向けのフラグシッププロセッサ」という位置付けだ。スマホ向けのプロセッサとして「史上初」となる要素を列挙すると、以下の通りとなる。

・台湾TSMCの「第2世代4nmプロセス」を適用

・「Armv9アーキテクチャ」の第2世代CPUコアを採用

・CPUのbigコア(パフォーマンスコア)に3.05GHz駆動の「Cortex-X3」を採用

・CPUのbigコアが64bitオンリー

・GPUにリアルタイムレイトレーシング対応の「Immortalis-G715」を搭載

・Wi-Fi 7(IEEE 802.11be)対応準備(※1)

・LPDDR5X-8533規格のメモリに対応

・RGBW信号を処理できるISP(イメージングプロセッサ)を搭載

・UFS 4.0規格のストレージに対応(Multi-Circular Queue (MCQ)を利用可能)

(※1)筆者注:IEEE 802.11beは米IEEEにおいて規格策定が進められている(詳しくは後述)

 先述の通り、CPUコアはbigコアとLITTLEコア(高効率コア)共にArmv9アーキテクチャに基づくものを搭載している。具体的には、bigコアとしてCortex-X3を1基(最大3.05GHz)、Cortex-A715を3基(最大2.85GHz)、LITTLEコアとしてCortex-A510を4基(最大1.8GHz)備えている。

 「史上初」にもある通り、CPUのbigコアは“完全な”64bit構成で、古い32bitアプリを利用する場合は、負荷を問わずLITTLEコア(Cortex-A510)で処理されることになる。これは、エンドユーザーがよく利用するアプリはおおむね64bit対応となっている現状を踏まえて「(bigコアでの)32bit対応は不要であると判断した」結果だ。

 GPUコアは、Immortalis-G715を11基搭載している。Immortalis-G715はArmのフラグシップGPUブランド「Immortalis(イモータリス)」の第1弾製品で、同社製GPUとしては初めてハードウェアベースのレイトレーシング(RT)処理に対応している。

 従来のハイエンドモデル向けプロセッサ「Dimensity 9000」と比べると、CPUパフォーマンスはシングルコアで最大12%、マルチコアで最大10%向上しているという。GPUコアのパフォーマンスは最大32%向上し、Dimensity 9000のピーク性能と同じパフォーマンスを59%の消費電力で実現できるという。

●ミリ波5G対応で実効最大速度は7.9Gbpsに

 Dimensity 9200は、通信面でもハイエンドらしい強みを発揮する。

 統合された5GモデムはSub-6(6GHz以下の帯域)とミリ波(28GHz帯)双方の通信に対応する。その性能は「世界級」をうたっており、ミリ波のビームフォーミング利用時のスループットは、従来比で最大25%向上しているという。

 また、ミリ波の8波キャリアアグリゲーション(CA)、Sub-6の4波CAにも対応しており、Sub-6とミリ波の同時通信も可能で、下りのスループットは最大7.9Gbpsにもなるという(実際の通信速度は状況によって変動する)。

 Wi-Fi通信については、先述の通り「Wi-Fi 7対応準備」を果たしている。ただし、筆者注にも記した通り、Wi-Fi 7ことIEEE 802.11be規格の無線LANは、“まだ”規格の策定作業中で、現時点では「ドラフト(暫定規格)」を「2.0」から「3.0」に進める作業を進めている状況である。確定版の規格は、2024年5月以降に登場する見込みとなる。

 Dimensity 9200のWi-Fi 7対応が“準備”とされているのは、このような背景に基づく。ただし、過去の事例を踏まえると、規格策定作業において大幅な仕様変更が行われることがない限り、その“準備”がムダになることはないはずだ。

 加えて、Dimensity 9200はBluetooth 5.3にも対応している。新たに登場したワイヤレスオーディオ規格「Bluetooth LE Audio」や、同規格がサポートする音声の一斉配信機能「Auracast(オーラキャスト)」もサポートする。

 最新のフラグシッププロセッサだけあって、無線まわりも“最強”を目指したようだ。