NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、7月上旬からソニー製スマートフォン「Xperia 10 VI」を発売する。KDDIはauとUQ mobile向けに提供する。

 本製品はアスペクト比が21:9の6.1型有機ELディスプレイや、約2日間利用できるという5000mAhバッテリーを搭載。フロントステレオスピーカーは左右の音量バランスを均等にしたことで、前モデルより最大音圧が約12%向上したという。プロセッサには「Snapdragon 6 Gen 1」を採用し、幅約68mm、重量は約164gと片手での操作も対応する。カラーはブラック、ホワイト、ブルーの3色。

 NTTドコモでは「Xperia Lounge Japan」アプリから応募したユーザーを対象に、購入商品とXperiaロト(くじ)の結果に応じたdポイント(期間/用途限定)を進呈する。対象製品はXperia 10 VI、ソニー製イヤフォン「WF-1000XM5」「LinkBuds S」「WF-C700N」「LinkBuds」、純正ケース「Style Cover with Stand」。

 端末、イヤフォンと純正ケースの購入では最大3万2000ポイント、端末とイヤフォンでは最大3万ポイント、端末と純正ケースは一律2000ポイントを進呈する。ポイント進呈時期は応募した月の翌月中旬以降で、ポイント有効期間は進呈から2カ月間(62日間)。購入期間は7月31日、応募期間は8月7日まで。

 KDDIでは発売日前日までに端末を予約購入し、Xperia Loungeアプリ内のキャンペーンページから応募したユーザー全員へPontaポイントコード3000ポイントを付与。10月下旬以降、登録したメールアドレスへギフトコードをメールを送る。