講談社は1月18日、アニメ「はたらく細胞」のイラストをふんだんに使用した小学生向けの図鑑「感染症を正しく学べる! はたらく細胞 ウイルス&細菌図鑑」を21日に発売すると発表した。価格は1400円(税別)。

 感染症を引き起こすウイルスと細菌の違いから、アニメで敵キャラとして登場した肺炎球菌やインフルエンザウイルスなどの特長と対処方法を解説する。写真やアニメのイラストを多用し、文章には全てふりがなを付けた。

 新型コロナウイルスについては「分からないことが多い新参者」としてピックアップ。主な感染方法や潜伏期間の長さ、重症化しやすい人、感染時の症状まで細かく説明している。「子どもはもちろん、大人も正しく学べる」という。

 講談社はこれまでに「からだのしくみを学べる! はたらく細胞 人体のふしぎ図鑑」などを刊行し、シリーズ累計で17万部以上を販売した。