ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は6月1日(米国時間)、5日に開催予定だった次期ゲーム端末「PlayStation 5(PS5)」のバーチャルイベントを延期すると公式Twitterアカウントで発表した。米ミネソタ州で起きた黒人男性の白人警官の暴行による死亡により全米に広がっている抗議運動に配慮したもの。

 同社はツイートで「6月4日に予定していたPS5のイベントを延期すると決定しました。世界中のゲーマーの皆さんがPS5のゲームタイトルの披露を楽しみにしていることは理解していますが、今は楽しいイベントを開催するのにふさわしい時期ではなく、耳を傾けるべきもっと重要な声が聞こえるように控えます」と語った。

 ツイートでは黒人男性の死亡について直接触れてはいないが、SIEの親会社であるソニーは公式Twitterアカウントで「黒人が体験している暴力と差別について沈黙するのは共犯と同じだ。われわれは常にブラックコミュニティと共にある」と明確に宣言しており、イベント延期の理由は明らかだ。

 SIEはこのイベントで、今年のホリデーシーズンに発売予定のPS5のための新しいゲームタイトルを多数披露することになっていた。延期後の日程については本稿執筆現在、まだ発表されていない。

 米Googleも、人種差別抗議運動に配慮し、6月3日に予定していた次期モバイルOS「Android 11」のイベントを中止している。