ソニーは7月1日、専用インナーウェアに装着して体の表面を冷やしたり温めたりする“着るエアコン”「REON POCKET」(レオンポケット)の一般販売を始めた。価格は本体が1万3000円(税別、以下同)、専用インナーウェアはS、M、Lサイズを各1800円で販売する。

 電流を流すと片面が発熱、もう片面が冷える性質を持つペルチェ素子を使い、接触した体の表面を急速に冷却(温熱)するデバイス。専用インナーウェアの首元にあるポケットに本体を入れ、Bluetooth接続した専用スマートフォンアプリ「REON POCKET」(iOS、Android)で操作する。

 アプリで直接操作する「マニュアルモード」の他、内蔵のモーションセンサーで人の動きを検知して温度を自動調整する「オートモード」、間欠動作などを設定できる「マイモード」を備えた。オートモードは通勤・通学時などに便利だという。

 本体は約54(幅)×20(高さ)×116(奥行き)mmで重量は約89g。リチウムイオンバッテリーで冷却は約2.5時間、温熱で約2時間動作する。

 専用インナーウェアは東レインターナショナル製。吸水速乾性を持つ極細繊維のポリエステル生地を使った。ホワイトとベージュの2色がある。

 レオンポケットは、ソニーのスタートアップ支援プログラム「Sony Startup Acceleration Program」(SSAP)から生まれ、2019年夏に実施したクラウドファンディングでは開始1週間で目標額の6600万円を達成して注目を集めた。