ソフトバンクは7月16日、大阪市や、中小企業支援を行う大阪産業局(大阪市中央区)らと5G関連ビジネスの創出に向けた連携協定を結んだと発表した。まずは市内のビジネス支援施設「ソフト産業プラザTEQS」(大阪市住之江区)内に、企業が5Gを使った実験を無償で行える「5Gオープンラボ」を9月に開設する。

 連携協定を結んだのはソフトバンクと大阪市、ソフト産業プラザTEQSを運営するAIDOR共同体。AIDOR共同体には大阪産業局とビジネス支援団体i-RooBO Network Forum(大阪市住之江区)が参加している。

 5Gオープンラボには、企業が実験用の基地局を使って5Gを活用した商品やサービスのテストができる「検証ラボ」と、5G関連製品の展示やサービスのデモンストレーションができる「展示・体験ルーム」を備える。

 その他、5Gを活用したビジネスに関するセミナーや技術サポート、製品やサービスの販路開拓支援なども行う。

 民間企業が5Gの実験をできる施設は、東京都も開設に向けた準備を進めている。都は2月に東京大学及びNTT東日本とローカル5Gに関する協定を締結。今秋にも東京都立産業技術研究センター(江東区)内に5Gの実験施設を開設するとしている。