LINE Payは7月28日、家計簿・資産管理サービス「LINE家計簿」に、レシートの読み取り機能を追加した。1回の送信で最大50枚のレシートを読み取り、レシート1枚ごとの読み取り結果を反映する。

 事前に連携させたLINE家計簿のLINE公式アカウント宛にレシートの画像を送ると、LINE家計簿のスマートフォンアプリ(iOS/Android)を開かずに支出品目と出費を登録できる。

 読み取った支出品目は自動で適切なカテゴリーに振り分け、ユーザーの家計簿に反映。LINE家計簿を使うほどカテゴリー分けの精度が向上するという。

 LINE家計簿は2018年11月にサービスを開始。20年1月には登録ユーザー数が500万人を超えた。これまで、モバイル決済アプリ「LINE Pay」の利用履歴や残高を家計簿に自動反映する機能や、LINE公式アカウントのトーク画面から品目と金額を入力すると支出が反映される「トーク入力機能」などを提供してきた。