ソフトバンク傘下のヘルスケアテクノロジーズは7月29日、オンライン健康相談サービス「HELPO」の提供を始めた。利用者はスマートフォンアプリのチャット機能を使って、症状に合った診療科、市販薬の選び方、病気の予防方法などを医師らに相談できる。病院の検索機能や、市販薬などをアプリ内で購入できる機能も搭載する。

 相談に乗るのは、ヘルスケアテクノロジーズに所属する医師、看護師、薬剤師。相談は1回につき最大60分で、24時間365日受け付ける。医療従事者からの回答はあくまで助言で、医学的な診断や薬の処方は行わない。

 病院を探す機能では、利用者の検索条件に合う病院や診療所をアプリ上のWeb地図に表示する。オンライン診療や夜間診療の有無、クレジットカードの使用可否などの条件でフィルタリングすることも可能。

 アプリ内からアクセスできるECサイト「ヘルスモール」では、大手ドラッグストアと提携し、市販薬、健康食品、化粧品などを販売する。サービス開始時点での配送エリアは東京23区のみで、順次拡大する予定。エリア内では、注文から最短3時間で商品を配送する。

 まずは法人や自治体向けに提供し、従業員の福利厚生や地域住民の健康相談などでの利用を見込む。今後は健康保険組合などへの提供も目指す他、病院の予約ができる機能や、医療機関のオンライン診療を支援するツールの開発に取り組むという。