米Googleは8月12日(現地時間)、「Chrome OS」搭載ノート端末「Chromebook」でのアプリ開発者向けリソースハブWebサイト「ChromeOS.dev」を公開した。ChromebookをサポートするAndroidアプリ開発やLinuxアプリ開発用のノウハウやツールがまとまっている。現在は英語とスペイン語のみだが、将来的には他の言語もサポートする予定。

 同社はまた、Chromebookで「完全版のAnrdoid Emulator」を実行できるようになったことも発表した。Android端末の実機がなくても、アプリのテストが可能。タブレットや折りたたみスマートフォン、Chromebookを含む、様々なディスプレイサイズやフォーマットの端末向けにアプリを最適化できる。

 さらに、Chrome OSターミナルのβ版Linuxでタブとショートカット、テーマが使えるようになり、[設定]タブですべてのターミナルオプションをカスタマイズできるようになった。

 Googleによると、コロナ禍でノートPCの需要が高まっており、Chromebookの米国における3〜6月の販売台数は前年同期間より127%(2倍以上)増加したという。同期間のノートPC全般の増加率は40%だった。