米Googleは9月8日(現地時間)、モバイルOS「Android 11」の正式版をリリースしたと発表した。まずはオリジナル端末「Pixelシリーズ」(Pixel 2/2 XL、Pixel 3/3 XL、Pixel 3a/3a XL、Pixel 4/4 XL、Pixel 4a)だけでなく、OnePlus、Xiaomi、OPPO、Realmeの端末に同日からローリングアウトしていく。その他のメーカーの端末と、キャリアを通じて販売している端末については、「今後数か月でより多くのパートナーがデバイスをリリースおよびアップグレードする」としている。

 筆者のPixel 4、4a、Android 11 βをインストールしてあったPixel 3にもインストールできた。Pixel 4の場合、ダウンロードサイズは1.72GBで、ダウンロードとアップデートに約10分かかった。

 Android 11は、目玉となるような新機能はあまりないが、全体的に従来の機能のUIが改善されている。例えば、メッセージアプリからの通知をチャットヘッドで確認できたり(設定変更可能)、電源の長押しで表示される画面にGoogle HomeやGoogle Payへのリンクが追加された。新しい絵文字も追加された。

 主な新機能については別記事を参照されたい。