KDDIは9月24日、スマートフォンカメラの映像内に現れたAR(拡張現実)上のドアの先にVR空間が広がるアプリ「au XR Door」(iOS/Android、無料)の提供を始めた。ヨーロッパの街並みや花畑、海中など旅行の疑似体験ができるという。

 アプリを起動しスマホを空間にかざすと、AR技術で地面を認識し画面上にARドアが出現。画面をタップしARドアを通り抜けると、「どこでもドア」のように現実とは別のVR空間の中に入り込める。スマホを動かすことで360度の景色を楽しめる。VRゴーグルは不要。

 花畑や海中の様子、ヨーロッパの街並みの他、沖縄県の「はいむるぶし」や栃木県の「ザ・リッツ・カールトン日光」など宿泊施設の360度コンテンツを用意する。有料サービス「auスマートパスプレミアム」の会員限定で、360度映像を利用した恐竜のシューティングゲームも用意する。

 今後は長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」の景色など、コンテンツを順次拡充する。