一般社団法人「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」(GGC)は9月29日、横浜の山下ふ頭で建造している“動く実物大ガンダム”を12月19日から公開すると発表した。入場料は大人1650円(税込)。全高18m、重さ約25t(トン)のガンダムが動く様子を間近で見られる。

 公開期間は2022年3月31日までの440日間(メンテナンス日を除く)。営業時間は午前10時から午後9時まで(8時最終入場)。また入場者特典として動くガンダムの200分の1モデルを数量限定でプレゼントする。

 動くガンダムを間近で見られる特別観覧デッキ「GUNDAM-DOCK TOWER」は別途3300円(税込)の料金が必要。タワーの5階と6階にデッキがあり、高さは15mから18m。ガンダムの腕、あるいは頭を見下ろす位置となる。

 また夜はライトアップも予定。「時間帯によっていろいろ表情は変わる」という。

 入場券とGUNDAM-DOCK TOWER特別観覧チケットは10月2日の午前10時から販売する。詳細はGUNDAM FACTORY YOKOHAMAの公式サイトで公開予定。当面は新型コロナ感染予防のため、販売数を抑えるという。

 動く実物大ガンダムは、横浜・山下ふ頭にオープン予定の施設「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」で10月から公開する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期していた。