ダイドードリンコは10月5日、足でボタンやペダルを押し、商品の選択や取り出し口を開閉する「足操作自動販売機」の実験を都内で始めると発表した。手で自動販売機に触れる機会を減らすことで、利用者に安心して商品を購入してほしいとしている。

 商品の購入は、商品ごとに割り振られた番号を確認し、自動販売機の下部に設置された番号のボタンを足で押す。購入後、自動販売機右下のペダルを踏んで取り出し口のフラッパーを開け、手で商品を取り出す仕組み。

 実験場所はダイドードリンコ東京本部(港区)のみ。実験結果を踏まえ、設置場所を増やすなど実用化も検討するとしている。