米Appleは、10月13日午前10時(米太平洋時間)にAppleイベントを開催すると発表した。会場は本社のApple Parkで、9月同様にオンラインでの製品発表となる。日本時間では14日午前2時から。

 なお、日本向けの招待状は「速報です」だが、英語版は「Hi, Speed」。5GネットワークとA14 Bionicプロセッサの高速性をアピールするものと推測できる。

 Appleは例年、iPhoneの新製品発表を9月に行っていたが、2020年は新型コロナウイルス感染症の影響によりずれ込むことを発表していた。9月に製品発表は行ったものの、iPhoneではなく、Apple Watch Series 6、Apple Watch SE、第8世代iPadと第4世代iPad Airを発表した。

 9月に発表された新iPad Airと同じくA14 Bionicを搭載した新しいiPhoneファミリーの名前はiPhone 12 mini、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxだとする説が有力だ。忘れ物防止タグのAirTag、スマートスピーカーHomePod miniの噂もある。年内にリリースされるというApple Silicon搭載Macについて何らかの発表が行われる可能性も高い。

 前回同様、iPhoneかiPadでAppleイベントのロゴ部分をタップすると、AR表示になり、多数のボールが浮かび上がり、発表日である10.13が表示される。

 YouTubeのApple公式チャンネルでは、ストリーミングの予定地が用意されている。