JR西日本は10月16日、交通系ICカード「ICOCA」の機能をスマートフォンで使えるサービス「モバイルICOCA」を2023年春にスタートすると発表した。

 「モバイルSuica」「モバイルPASMO」と同様に、自動改札機の通過や決済で使える。専用アプリでチャージ残額や利用履歴などを確認できる他、クレジットカードを登録して定期券の購入や払い戻しも行える。

 東海道・山陽新幹線の「スマートEX」や北陸新幹線の「新幹線eチケットサービス」に対応し、スマホで新幹線の予約や支払い、乗車を行えるようになる。経路検索などができるJR西日本のスマホアプリ「WESTER」(iOS/Android)とも連携するという。