うがい薬をネットで無許可販売したとして、京都府福知山署は20日、岡山市中区在住の大藤伸栄容疑者(55)を医薬品医療機器法(薬機法)違反の疑いで逮捕した。うがい薬の転売による逮捕者は全国初という。

 大藤容疑者は9月4日から7日にかけて、自らが運営するAmazonマーケットプレイスのショップで、うがい薬6個を無許可で販売した疑い。店頭価格の5倍から6倍の価格で販売し、計2万6180円の売り上げを得た。京都市内や岡山市内の20代から70代の男性4人が購入したという。福知山署はネット上のサイバーパトロールで摘発した。

 大藤容疑者は容疑を大筋で認めており、「大阪府の発表を機に転売目的で購入した」などと供述しているという。福知山署は余罪があるとみて、入手経路などについて詳しく捜査している。

 うがい薬を巡っては、8月に大阪府の吉村洋文知事が新型コロナ対策として推奨したことなどからドラッグストアなどの店頭で品切れが相次ぎ、フリマサイトなどでの高額転売が問題となっていた。

 薬機法では無許可で医薬品を販売することを禁止している。うがい薬の他、市販されている一部のアルコール消毒液も医薬品となっており、無許可での販売と認定されれば、最高で3年以下の懲役、300万円以下の罰金が科せられる。