AppleがiPhone 12シリーズから導入した、マグネット使用のワイヤレス充電「MagSafe for iPhone」は、これまでのQiワイヤレス充電方式との互換性を維持しつつ、Qiワイヤレス充電を置き換える新しいアクセサリーサービスだ。

 このMagSafeに関して、MFiライセンスプログラム参加企業への個別説明が始まっていて、その内容が中国メディアに掲載されている。

 サードパーティー製ケースがMagSafe for iPhoneに対応する場合、Apple Storeで販売されている「OtterBox Aneu Series Case for iPhone 12 | 12 Pro」の内側にあるような「MagSafe Case Attach Module」が必要で、これを、Appleから供給してもらう必要がある。

 このシートには、Apple純正のMagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proクリアケースに含まれるMagSafe RingとNFCコイルが入っていて、NFCコイルなしでは15W充電が行われない仕組みとなっている。

 価格は3.40ドル(約356円)で、50個単位でオーダーが可能で、アヴネットなどから購入する。

 MagSafeはただマグネット吸着によるワイヤレス充電機能だけでなく、MagSafe対応iPhoneレザーウォレットや、BelkinのMagSafe Air Vent 車用磁気スタンド PROなど、iPhone 12・iPhone 12 Proの向きに関係なく簡単に外れないマグネット吸着性が維持されている必要があり、ケースを装着し、MagSafe充電器の上に置いて充電ができただけでMagSafe対応とは呼べない。

 少なくとも、ケース上からMagSafe充電器を吸着させ、そのまま持ち上げても外れない吸着性が保持されている必要がある。

 なお、MagSafe対応製品で、ワイヤレス充電機能を持たない、iPhoneとMagSafe充電との間に挟んで使用しないアクセサリーなどは、Appleデバイス用アクセサリーのデザインガイドラインにある「MagSafe Case Magnet Array」に対応していればよく、Appleの認証は不要なので、こうしたアクセサリーがかなり増えそうだ。

 MagSafeには、NFCタグを使用したMagSafe APIも準備されていて、MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proクリアケースや、MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブを装着した時に表示されるケースカラーと連動したモーション表示なども、2021年以降はサードパーティーも利用可能になる予定。

 BelkinのMagSafe Air Vent 車用磁気スタンド PROやBOOST↑CHARGE PRO MagSafe 3-in-1 磁気ワイヤレス充電器は、新しい「Made for MagSafe」ライセンス製品として販売される。

 これまでの「Made for iPhone | iPad | iPod」を製造するMFi Manufacturingとは異なり、新しくMade for MagSafeの認証を受けたMFi Manufacturingでの製造となるため、AppleのエクスクルーシブパートナーであるBelkin、mophie、Native Union以外から発売されるのは、2021年春以降になりそうだ。