米AMDは10月27日(現地時間)、競合する米Xilinxを買収することで合意に達したと発表した。買収は350億ドル(約3兆6500億円)相当の株式取引で行う。2021年末までに完了の見込みだ。データセンターや5Gネットワーク、航空分野などに強みを持つXilinxを買収することで、米Intelや米NVIDIAに対抗する。

 Xilinxは1984年創業のカリフォルニア州サンノゼに拠点を置く上場企業。専門分野はデータセンター、AI、機械学習、5G、SoC、FPGA、ACAPなどだ。

 FPGAはデータセンターでの利用が増加する半導体。ACAPはXilinxが2018年に発表したFPGAの性能をしのぐ、Xilinxが作り出した新たな製品カテゴリーだ。

 AMDのリサ・スーCEOは発表文で「Xilinxの買収は、AMDを業界のHPCリーダーおよび世界中のテクノロジー企業が選ぶパートナーにするための一歩だ」とし、同日の業績発表後の電話会見で「Xilinxは、5Gネットワーク、データセンター、航空宇宙、防衛など多様な成長市場の戦略的テクノロジーパートナーとしての地位を確立している」と語った。

 買収完了後、XilinxのCEO兼社長のビクター・ペン氏は社長としてAMDに加わり、Xilinxの事業と戦略的成長イニシアチブを担う。

 AMDと競合するNVIDIAは9月、英Armを400億ドルで買収すると発表しており、AMDによるXilinxの買収はそれに続く大規模な取引になる。

 AMDが同日発表した第3四半期の決算は、売上高は前年同期比56%増の280億ドル、純利益は2.3倍の3億9000万ドルと好調だった。