キングジムは11月17日、デジタル処理で周囲の環境騒音を抑える「デジタル耳せん」にコードのない“完全ワイヤレス型”を追加すると発表した。価格は1万3000円(税別)。12月14日から販売する。

 マイクで周囲の環境騒音を拾い、騒音と逆位相の音波を発生させて騒音を相殺するアクティブノイズキャンセリング技術を搭載。乗り物内の騒音やエアコンの空調音など300Hz以下の騒音をカットしつつ、人の呼びかける声やアナウンスなどは聞き取れるように調整した。

 本体は完全ワイヤレスイヤフォンに近いデザインで、カナル型と呼ばれる耳せんタイプのイヤーピースが付く。重量は約15g(左右合計)。キングジムでは「完全ワイヤレス型にしたことで、より本物の耳栓に近いシンプルなデザインになった」としている。

 充電ケースから取り出すと自動的に電源が入り、収納すると本体に充電を始める。充電ケースの重量は約45g。

 本体内蔵のバッテリーで連続約12時間、付属ケースによる充電を行うと最長40時間使用できるという。