ゆうちょ銀行は1月8日、不正利用が相次ぎ提供を停止していた、ドコモ口座など他社の電子決済サービスと同行の口座を連携する「即時振替サービス」の口座の新規登録、振替(チャージ)機能を13日から順次再開すると発表した。不正送金が発覚した同行のVisaデビット・プリペイドカード「mijica」は、2022年春以降にサービスを終了する。

 ゆうちょ銀行口座の不正利用を巡っては20年9月、即時振替サービスを悪用し、預金を不正に引き出す被害が拡大。同行のmijicaを利用した不正送金も発生していた。

 こうした問題を受け、ゆうちょ銀行は一部の決済事業者に対して即時振替サービスの提供を止め、mijicaの送金機能や新規申し込みを停止。池田憲人社長が直接指揮するタスクフォースを設置し、口座開設時の本人確認手続きの厳格化など、サービスのセキュリティ体制を強化するとしていた。

 即時振替サービスの取引を順次再開するのは、メルペイ、LINE Pay、PayPay、NTTドコモなど。再発防止に向け、本人確認書類と顔写真を使ってオンラインで本人確認を行う「eKYC」による本人確認を導入し、不正検知に向けたモニタリング態勢や被害者への補償対応などを含むガイドラインを定めた。

 mijicaは22年春に新しいデビットカードへ刷新する。新サービスの詳細やmijicaからの移行手続きについては別途案内する予定。新しいデビットカード発行後は、mijicaのサービスを終了する。