アイロボットジャパンは1月19日、小中学校でのプログラミング教育用ロボット「Root」を2月19日に発売すると発表した。ロボット掃除機「ルンバ」をモチーフにしたデザインを採用。専用アプリで「走る」「点灯する」といった動作をプログラムできる。価格は2万9800円。

 大きさは13.4(幅)×14.9(奥行き)×4.5(高さ)cm、重さは490g。色や光、段差を検知するセンサー、壁にあたると跳ね返るバンパーなどを搭載する。プログラムに応じて走る、光る、軌跡を描く、音を鳴らすといった機能を持つ。掃除をする機能はない。底面には磁石があり、教員が黒板やホワイトボード上でデモを披露できる。

 プログラミングは、Webブラウザやスマートフォン(iOS/Android)上で動作するアプリ「iRobot Coding」で行う。命令文が記されたブロックを視覚的に組み合わせるビジュアルプログラミングから、テキストコーディングまで対応。

 アプリには、プログラムをシミュレーションする機能も搭載。Rootが手元になくてもアプリ上で正常に動作するか確認できる。作成したプログラムはクラウドにアップロードして共有可能だ。