メルカリは2月2日、フリマアプリ「メルカリ」に出品された偽造品などに対して、権利者が専用フォームから申し立てを行えるサービスの提供を始めた。書類提出の手間を省き、削除手続きの簡略化、迅速化を進める。

 2014年から提供している「権利者保護プログラム」の申請手続きを簡略化。専用Webサイトを公開し、商標権や著作権、特許権などを侵害する出品を削除したい権利者からの申し立てを、Webサイトに設置したフォームで受け付ける。これまではメールで対応していた。申請のたびに提出を求めていた本人確認書類や、権利を証明する資料の提出は初回のみとした。

 サービスの利用にはプログラムへの参加が必要。参加申し込みもフォームで受け付ける。