ZOZOテクノロジーズは2月9日、3Dモデルの顔を「ディープフェイク」技術で実在する人物の顔に置き換えるプロジェクトを始めた。今後、ユーザーに似た3Dモデルに合わせることで、バーチャル環境で着こなしや試着をできるようにしたい考え。

 プロジェクトの第一弾では架空の4人組ファッションモデル「Drip」を作成。実在するモデルの顔写真を、AIを使ってCGの体に合成した。活動内容はInstagramやTikTokの公式アカウントで発信するとしている。

 今後、ユーザーの年齢や体型に合わせたバーチャルモデルを量産することで、ユーザーの商品選びに役立てたい考え。過去の購買データから好みのアイテムを推測し、バーチャルモデルに着用させたイメージを提案するなどの用途を見込む。バーチャルモデルは従来のモデルのように撮影が不要なことから、撮影コストも削減できるとしている。

 ZOZOではこれまでも、スマートフォンで撮影して体形を計測し、3Dデータ化するためのボディースーツ「ZOZOSUIT」などITとファッションを融合させた事業開発を行っていた。