ソフトバンクは3月4日、販売代理店を通して同社のサービスを契約した顧客の個人情報6347件が流出した可能性があると発表した。代理店の販売員が、顧客から取得した情報を適切な方法で保存していなかったという。

 流出した可能性があるのは、2015〜18年の間に、この販売員が関わった代理店でソフトバンクやワイモバイルの携帯料金プラン、インターネット接続サービス「Softbank Air」「Softbank 光」の契約手続きを行った人の氏名、住所、電話番号、料金支払い用の金融機関名や口座番号など。

 流出した可能性のある口座番号などを悪用した不正引き出し被害も62件発生した。ソフトバンクによればこの販売員は現在、別件に関する電子計算機使用詐欺の疑いで警視庁に逮捕されており、取り調べを受けているという。

 ソフトバンクでは、代理店の販売員が顧客と契約手続きを行う場合、同社のシステム以外に個人情報を記録することを禁じている。しかしこの販売員はルールを守らず、顧客用の契約書の控えを撮影したり、コピーしたりして情報を保存していたという。

 ソフトバンクは事態を受け、この販売員が所属していた代理店との取引を停止。情報が流出した可能性のある顧客へ個別に案内するとしている。今後は代理店の業務を定期的に監査する他、不正行為の厳罰化を行い、再発防止に努める。