OKIは3月15日、AIを活用して運送トラックの配送ルートを最適化することで、車両の合計走行距離を、人間が計算するより1日当たり300km少なくできたと発表した。配送コストの削減とCO2排出量の削減が期待できる。

 同社は、配送先や荷物の量などの情報を入力すると、走行距離やコストが最短になる配送ルートを自動で算出するプログラム「コスト最小型ルート配送最適アルゴリズム」を開発した。既存のシステムに比べ、人間でないと難しかった、複数車両で荷物を分割して配送するような複雑な場合のルート計算にも対応する。

 21年2月に運送業者のロンコ・ジャパン(大阪市)と共同で行った実証実験ではトラック13台の配送ルートを計算。熟練の人間による計算より走行距離を1日当たり合計約300km短くできた。計算上、年間で燃料代を約360万円、CO2排出量を約440kg削減できる。AIが導いたルートで実際に配送し、配送に問題が無いことも確認した。

 OKIは今後、2021年度中をめどにコスト最小型ルート配送最適アルゴリズムの実用化を目指す。