米Microsoftは3月22日(現地時間)、コロナ禍で閉鎖しているワシントン州レッドモンドの本社キャンパスとシアトルのキャンパスを3月29日に限定的に再開すると発表した。従業員は出勤するかリモートワークを続けるか、そのハイブリッドにするか、働き方を選べる。

 同社は昨年3月、在宅勤務ポリシーを発表し、オンサイトが必要な一部の従業員以外はほぼすべて在宅勤務になっている。

 キャンパス再開に当たっては、オフィスのスペースを調整し、出社する従業員にはフェイスカバーなどを提供する。共有エリアやカフェには消毒やソーシャルディスタンスを徹底するよう注意書きを掲示する。

 Microsoftは、3月の段階ではパンデミックの進行するフェーズに合わせたタイムラインに基づく働き方ガイダンスを提供しようと試みたが、フェーズの予測は困難なことが分かり、特定のタイムラインではなく、以下のような6段階に固定する「ワークプレイスダイヤル」を開発した。

 このダイヤルは、地域の健康データと政府当局のガイダンスに応じて各職場にステージを割り当てる。本社キャンパスの場合は、29日にステージ3から4に移動するということだとMicrosoftは説明した。ステージが6(オープン)になっても、勤務時間の50%未満を在宅勤務とすることを標準と見なすという。

 同社はまた、この1年間のリモートワークの調査結果と考察を「The Next Great Disruption Is Hybrid Work──Are We Ready?」として発表した。

 この調査結果から幾つかを紹介する。

・調査対象の73%がコロナ後もハイブリッドワークを継続したい

・LinkedInのリモート求人はパンデミック時に5倍増

・(Teamsでの)Web会議時間が世界で2倍以上に

・6人に1人が「同僚と一緒に泣いた」

 同社は今月開催した「Ignite 2021」で、リモートワークに役立つMicrosoft Teamsの新機能やMRアプリ開発プラットフォーム「Mesh」を発表している。