ソニーとNTTドコモは3月22日、5G通信を活用し、グアムにある車を約2500km離れた東京都の拠点から遠隔操作する実証実験に成功したと発表した。国を跨いだ遠隔運転を可能にすることで、遠い場所にいる人材でもドライバーとして起用できるという。

 実験では、車体の前後左右にイメージセンサーを搭載した車「SC-1」を活用した。センサーが取得した車両周辺の映像をドコモの5G回線を使って東京に伝送。東京にいるドライバーは送られた映像を見ながら、人を乗せたSC-1を運転した。

 実験結果はソニーのSC-1活用サービスの拡充に役立てるという。ソニーは現在、沖縄県などでSC-1を使ったサービスを提供している。