JR東日本は3月24日、中国のSNS「Weibo」で、26日10時から在来線などの運行情報を発信すると発表した。新型コロナウイルス感染症の収束後に、中国人観光客の利用が回復することを見据えた施策という。

 山手線や京浜東北線などの46路線に加え、東北新幹線など同社が管轄する新幹線5路線、成田エクスプレスなど特急列車24路線の運行情報を発信する。

 午前4時から翌午前2時の間に、対象の路線で30分以上の遅れが発生する、もしくはその見込みがある場合、状況を中国語(簡体字)で案内する。問題が無い場合は毎日2回、その旨を投稿する。

 JR東はスマートフォンアプリ「JR東日本アプリ」や車内放送でも、中国語での運行情報の案内を行っている。