エディオンは3月25日、フードデリバリー「Uber Eats」を活用して、家電を配送する実証実験を30日に始めると発表した。普段店頭に訪れない人も商品を買えるようにし、客層の拡大につなげる。家電量販店が配送にUber Eatsを使うのは日本初という。

 実験はエディオン AKIBA(東京都千代田区)、道頓堀店(大阪市)、心斎橋店(同)で実施。調理家電やドライヤー、マウスやUSBメモリといったPC周辺機器など200品以上が対象。ユーザーは料理を注文するときと同様、スマートフォンアプリから商品を購入し、指定した場所に配送を依頼できる。

 エディオンは今後、利用者の動向を見つつ、対応店舗の拡大を検討するとしている。