京都市上下水道局は3月30日、ゲーム「ポケットモンスター」のキャラクターを描いたマンホールふた「ポケふた」を市内5カ所に設置したと発表しました。伝説のポケモン「ホウオウ」や満開の桜の下で笑う「ピィ」「ププリン」「ピチュー」など計10種のポケモンが描かれています。

 設置場所は「嵐山公園」「岡崎公園」「円山公園」「梅小路公園」「西京極総合運動公園」。今後スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)の「ポケストップ」になります。

 ポケふたは、2018年12月からポケモン社が提供しているオリジナルマンホールふた。鹿児島県指宿市に「イーブイ」を設置したのを皮切りに、現在までに15都道府県159枚を設置済み。自治体と協力し、その地域の魅力的な景色とポケモンを組み合わせています。

〇全国のポケふた(設置順)

・鹿児島県指宿市:9枚

・岩手県:13枚

・香川県:17枚

・宮城県:35枚

・神奈川県横浜市:1枚

・北海道:19枚

・鳥取県:19枚

・福島県:9枚

・東京都町田市:6枚

・滋賀県大津市:2枚

・宮崎県:9枚

・新潟県小千谷市:4枚

・奈良県斑鳩町:5枚

・東京都小笠原村:4枚

・青森県:2枚

・京都府京都市:5枚