フィッシング対策協議会は4月6日、東京電力エナジーパートナーをかたるフィッシングメールを確認したとして注意を呼び掛けた。本文中のURLから同社の会員制サイト「くらしTEPCO」に似た偽サイトへ誘導し、個人情報を窃取するという。

 メールの件名は「【東京電力エナジーパートナー】」など。「クレジットカードで自動的に決済します」「クレカで払ってポイントを貯めましょう」(原文ママ)などと書かれた本文で、偽サイトへ誘導する。

 誘導先の偽サイトでは、会員IDやパスワード、メールアドレス、住所、クレジットカード番号、セキュリティコードなどの入力を求められるという。

 偽サイトは6日午前10時30分時点で停止済み。ただし類似の偽サイトが公開される可能性もあるとして、確認した際はフィッシング対策協議会の窓口へ報告するよう呼び掛けている。