ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は4月13日、PlayStation 5初の大型ソフトウェア・アップデートを翌14日から配信すると発表した。

 ストレージ関連では、本体ストレージにあるPS5のタイトルをUSB接続した拡張ストレージへ移動できるようになる。USB拡張ストレージから直接プレイはできず、再度プレイする場合は本体ストレージにデータを再度コピーする必要はあるものの、再ダウンロードやディスクからインストールするより早いという。

 一方、PS5は将来的にM.2 SSDへの対応を予定しているが、今回のアップデートには含まれなかった。M.2 SSDを増設した場合、保存したゲームを直接起動できる。

 ハードの世代を超えたシェアプレイも可能になる。PS4とPS5のユーザー同士がチャットをしながらゲーム画面をリアルタイムに共有。例えばPS5のゲームをPS4で試せるという。フレンドにバーチャルでコントローラーを渡して代わりにプレイしてもらったり、2台目のコントローラーを使って協力プレイをしたりといったこともできる。

 この他、アップデートにはゲームセッションへの「参加リクエスト」機能やゲームベースの操作性改善なども盛り込んでいる。