ソフトバンクと佐川急便は6月15日、自動走行ロボットと公道の信号機を連携し、信号の表示を基に交差点を渡って荷物を配送する実験を4月下旬に行い、成功したと発表した。両社によれば自動走行ロボットを信号機と連携させ、荷物を運ばせる取り組みは日本初という。

 実験では、警視庁や東京都などから許可を得た上で、信号の状態を検出できる機器を港区の竹芝エリアにある信号機に設置。取得したデータは同社のクラウドサーバを介してLTE通信でロボットに送った。ロボットはこの情報を基に信号機の色を判断し、表示に従って交差点を渡った。

 信号機との連携に加え、ロボットの走行に伴う荷物の温度変化や、衝撃の有無も計測。スマートフォンアプリを使ってロボットの現在地や、目的地への到着を遠隔地に知らせる機能も検証した。両社は今後も自動走行ロボットを使った配送の実験を行うとしている。