VR事業を手掛けるOculusを傘下に持つ米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは6月16日(現地時間)、VRヘッドセット「Oculus Quest」にPCとの無線接続機能「Oculus Air Link」を追加すると発表した。これまでは後継機の「Oculus Quest 2」のみに提供していた。

 Oculus Air LinkはWi-Fiネットワーク経由でヘッドセットとPCを接続し、PC向けVRヘッドセットのように扱える機能。Oculus Quest 2の場合、有効範囲はWi-Fiルーターから直径6mまで。無線を使わず、USBケーブルでPCと接続する機能は初代Quest、Quest 2ともに提供している。

 ザッカーバーグCEOは同時に、Oculus Quest 2のファームウェアの最新バージョン「v30」を近日中に配信することも発表。VR空間内で作業をするとき、マルチタスクがしやすくなる新機能を追加すると予告した。