スウェーデンSpotifyは6月16日(現地時間)、音声SNS「Clubhouse」のような音声配信サービス「Spotify Greenroom」を発表した。ユーザーがルームを作り、その場にいる別のユーザーたちとリアルタイムで音声配信やチャットを楽しめるという。日本を含め世界135以上の国と地域で、今日からiOSとAndroidで利用できる。

 Spotifyのアカウントがあれば同サービスへログイン可能。全てのユーザーにライブルームの主催・参加権限が付与される。音声配信を録画し、アーカイブとして配信することも可能という。

 同サービスは、2021年3月に同社が買収した米Betty Labsのライブオーディオアプリ「Locker Room」のサービス名やUIなどを一新したもの。今後、Locker Roomで配信をしていたスポーツコンテンツの他、音楽やカルチャー、エンターテインメントなどをテーマにした番組も配信していくという。