日本コロムビアは6月23日、昭和のウルトラマンシリーズの主題歌や挿入歌をデジタル配信すると発表した。Spotifyなど8つのサブスクリプション型サービスで楽曲を配信する他、レコチョクなどでダウンロード販売も行う。

 1966年の「ウルトラQ」を始め、大ヒットした「ウルトラセブン」(1967年)、シリーズ初のアニメ作品「ザ☆ウルトラマン」(1979年)、米国でテレビ放映した「ウルトラマンUSA」(1988年)など'60年代から'90年代の楽曲66曲をそろえた。配信限定アルバム「ULTRAMAN LEGEND SONGS COLLECTION」として配信する。

 サブスクリプション型サービスはApple Music、Spotify、amazon music、LINE MUSIC、AWA、KKBOX、YouTube Music、Rakuten music。66曲全て再生すると約3時間になる。

 iTunes Storeとレコチョクではダウンロード販売を行う。フォーマットは320kbpsのAACで、価格は1曲262円。アルバム購入の場合は5187円(税込)になる。

 日本コロムビアは「今後もウルトラマン関連音楽のデジタル配信が続々と登場する。こうご期待」としている。