NTTドコモは7月8日、上空でLTE回線を利用できるドローン向けの料金プラン「LTE上空利用プラン」の提供を始めた。月間容量120GBで月額4万9800円(税込、以下同)。上空でモバイルネットワークを利用できる、ドローン向けの料金プランの提供は国内初だという。

 上空でのLTE通信サービスを提供するのは同社として初めて。これまで上空でのモバイルネットワーク利用は、地上の電波への干渉を避けるため、限定的な利用にとどまっていた。しかしドローンなどの活用に向け、2020年12月に国が規制緩和。上空での送電力制限や、周波数帯の利用制限などの条件付きで上空でのLTE利用を“解禁”した。

 法人だけでなく個人でも申し込みでき、全国のドコモショップや同社の法人営業担当が申し込みを受け付ける。通信速度は受信時で最大950Mbps(容量超過後は最大1Mbps)。通信する際には上空での電波干渉を避けるため、利用場所や日時、使用台数、飛行高度など専用サイトでの事前予約が必要という。予約完了後、ドローン本体に同プラン対応のSIMカードを直接挿入するか、SIMカードを挿入した通信端末を搭載することで、上空でLTE通信を利用できる。

 新プランの背景には、ドローンの自由飛行を認める22年度中の航空法改正を前に、LTE通信対応の「セルラードローン」を他社に先んじて実用化することで、上空インフラの“制空権”を握る狙いもある。

 現行の航空法では、人の監視が行き届かない範囲での「目視外飛行」は認めている一方、道路など人が立ち入る可能性がある場所を飛行する場合は通行規制などにより、安全を確保することを求めている。改正法ではその制限が撤廃され、安全な機体の使用と飛行に関する許認可を得れば、事実上、自由な飛行が可能となる。

 ドコモはLTEを使った、ドローンによる物流サービスの実現に向け、中北薬品ら3社と実証実験を行い、往復20kmの目視外飛行による医薬品の輸送に成功。実験では操縦者の手動操作を必要としない、自動制御による飛行にも成功したという。

 同社はセルラードローンを利用することで「広範囲の農薬散布や生育監視、遠隔地への長距離物流、災害発生時における遠隔地のリアルタイム映像伝送などができる」としている。