米Twitterは8月3日、予告通り24時間で消える投稿サービス「Fleet(日本では「フリート」)」の提供を終了した。終了後、一時期「フリート」がTwitterの日本のトレンドで1位になった。

 フリートは、昨年3月にテストが始まり、日本では昨年11月から提供開始したばかりだった。

 TwitterはこれまでもVineなどサービスを終了してきたが、多くは「あまり使われないから」という理由だった。フリートの場合は、“会話”に参加するユーザーを増やすのが狙いだったが、「Fleetによって新たに会話に参加する人の数は望んだほど増えなかった」という理由。

 それなりに使う人は多く、フォローしている相手がフリートを投稿すると、アプリ画面のタイムラインの上部に投稿者のプロフィールが並ぶようになっていた。

 フリート終了で、「タイムラインが広くなった」と喜ぶ声もあるが、このスペースには引き続き、フォロー相手が「Spaces(日本では「スペース」)を開始するとプロフィールが表示される。