シャープが9月8日に発売した立体構造の不織布マスク「シャープクリスタルマスク」が製品発表から5時間ほどで売り切れた。シャープのECサイト「COCORO STORE」では「在庫なし」表示となり、シャープ公式Twitterアカウントは午後4時ごろ「ごめん、売り切れたみたい」と投稿した。

 シャープクリスタルマスクは6角形をベースとした立体構造で口元の空間を確保し、呼吸しやすく化粧くずれも抑えるという不織布マスク。「フェイスラインをシャープに演出」するという。

 フィルターは4層構造でPM2.5や花粉、ウイルス飛沫などの侵入を99%以上カット。持ち歩く時の衛生面に配慮して個別包装とした。

 シャープによるとクリスタルマスクはこれまで同様、三重工場(三重県多気郡多気町)のクリーンルーム内で製造。製造装置は新たに調達したものではなく、既存装置の1台をクリスタルマスク生産用に改造したという。

 発売時の準備数は非公開だが、生産能力は日産2.5万枚で、月産に換算すると約75万枚になる。COCORO STOREの次回入荷予定は未定ながら「入荷次第、提供する」としている。