KDDIは9月13日、オンライン専用ブランドpovoで、月額基本料0円から使える新料金プラン「povo2.0」を9月下旬から提供すると発表した。「7日間で1GB」など、利用期間や容量を変えた6種類のデータプランを用意する。

 従来のpovoと同じ容量である20GBは、30日間で2700円の料金設定に。他にも7日間1GBが390円、30日間3GBが990円、90日間60GBが6490円、180日間150GBが1万2980円、24時間データ使い放題が330円の計6種類を用意。ユーザーは自身の生活スタイルなどに合わせて都度選べる。

 通話料金は5分以内かけ放題を月額550円、時間制限なしのかけ放題を月額1650円で用意。動画サブスクサービスの「DAZN」や「smash.」のデータ通信容量が使い放題になるプランも用意する。

 データや通話プランを特に選択しなかった場合でも、最大128kbpsでの通信とSMSの受信は追加料金なしで可能。通話とSMS送信は従量制で行える。

 「povo2.0」の開始に伴い、現在提供中の料金プラン名称を「povo1.0」に変更し、9月下旬に新規受け付けを終了する予定。