バンダイナムコグループは9月15日、福岡に実物大の「νガンダム」立像を設置すると発表した。商業施設「ららぽーと福岡」の開業に合わせ2022年春に公開する。

 15日に開催した発表イベント「ガンダムカンファレンス」の中で明らかにした。立像は「RX-93 νガンダム」をベースに富野由悠季さん監修の元、トリコロールカラーのマーキングを施した新機体。型番は「RX-93ff」となる。

 バンダイナムコグループで「チーフガンダムオフィサー」を務める藤原孝史さんは「νガンダムならではのギミックもあるのでお楽しみに」と話している。

 バンダイは福岡を「アジアに向けた情報発信スポット」と位置付け、ららぽーと福岡にはオープンスペースとガンダムをテーマにしたエンタメ施設の要素を持つ新スポット「ガンダムパーク福岡」を併設する。詳細は随時発表するという。

 νガンダムは1988年公開の映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場したモビルスーツ。主人公のアムロ・レイが設計に関与した専用機で、遠隔操作の「フィン・ファンネル」6機を背中に装備している。

 この他、ガンダムカンファレンスでは新作映画「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」と「鉄血のオルフェンズ」以来7年ぶりとなる新作TVアニメシリーズ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の製作も発表した。

 ククルス・ドアンの島は「機動戦士ガンダム」15話に登場したククルス・ドアンの島を安彦良和監督が新たな切り口で描く作品。22年に劇場公開するという。