Appleが発表した新型iPhone「iPhone 13 Pro」をチェックしてみた。

 A15 Bionicチップを採用し、2つの高性能CPUコアと4つの高効率CPUコア、GPUは5コア、Neural Engineは16コア仕様となる。

 グラファイト、シルバー、ゴールド、シエラブルーの4色がラインアップされている。

 ProMotion搭載Super Retina XDRディスプレイを搭載し、最大輝度1000ニト(標準)、最大輝度1200ニト(HDR)仕様。

 最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つiPad Proと同じProMotionテクノロジーが採用されている。

 メモで手書きで絵を描くと、iPhone 12 Proよりもヌルヌルしているのが分かる。

●iPhone 12 Proと比べてみる

 iPhone 12 ProからiPhone 13 ProになるとTrueDepthカメラのアクティブエリア形状が変わり、iPhone 13 Proの場合、横幅が小さくなり、縦幅が少し大きくなっている。

 FaceTime HDカメラユニットが、これまでの右側から左側に変更されている。

 フロントレシーバーは、筐体端に移動され、レシーバーも幅は5.47mmから2mm、長さは7.84mmから11.89mmへとかなり細長くなっている。

 iPhone 12と比較してiPhone 13 Proの背面カメラユニットサイズも大型化した。

 iPhone 12 Proは28.32mm×30.49mmだったのに対して、iPhone 13 Proは35.86mm×38.46mmへと大型化。

 iPhone 12 Pro Maxは31.76mm×34.21mmだったので、それよりも大きいカメラユニットとなっている。

 iPhone 13 Proには、グラファイト、シルバー、ゴールド、シエラブルーのボディーカラーに合わせた専用Live壁紙が用意されている。

 これらの壁紙を使用するには、設定>壁紙>壁紙を選択>Liveにアクセスする。

●フォトグラフィックスタイルとシネマティックモード

 iPhone 13 Proのカメラ設定に新機能「フォトグラフィックスタイル」のリンクが追加されている。

 iPhone 12 Proにはあった「シーン検出」と「スマートHDR」のボタンはなくなっている。

 フォトグラフィックスタイルは、カメラ撮影中でも上部のフォトグラフィックスタイルボタンをタップしてすぐに使用できる。

 デフォルトでは「標準」「リッチなコントラスト」「鮮やか」「暖かい」「冷たい」が用意されていて、画面をスワイプするだけで変更できる。

 単純なフィルタ機能ではなく、適切なエリアだけを調整し、肌のトーンはそのままに保ってくれる。

 トーンを上げると一段と明るく鮮明な色合いに、下げると一段と強いシャドウとコントラストになる。

 暖かみを上げるとゴールドのアンダートーンがアップし、下げるとブルーのアンダートーンがアップする。

 浅い被写界深度で動画撮影できる「シネマティックモード」(ポートレート動画)が追加されている。

 目立つ被写体がフレームに入りそうなタイミングを予測し、フレームに入った瞬間にフォーカスを合わせてくれる。

 撮影後に自分でフォーカスを変えたり、ボケ効果のレベルを調整することも可能。

●カメラのスペック総点検

 iPhone 13 Proの前面カメラは、1200万画素カメラ、 F/2.2絞り値、シーン検出に対応するスマートHDR 4、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(4K/60fps)、Deep Fusion、ナイトモードのタイムラプス撮影に対応。

 レンズ焦点距離は30mm(35mm換算)のようだ。

 iPhone 13 Proの背面広角カメラは、1200万画素カメラ、F/1.5絞り値、デュアル光学式手ブレ補正、センサーシフト光学式手ブレ補正、7枚構成レンス、100% Focus Pixels、Deep Fusionなどで構成されている。

 レンズ焦点距離は26mm(35mm換算)のようだ。

 スマートHDR 4撮影、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大4K/60fps)、Apple ProRAW、ナイトモード撮影、ナイトモードのタイムラプス撮影に対応している。

 iPhone 13 Proの背面望遠カメラは、1200万画素カメラ、F/2.8絞り値、デュアル光学式手ブレ補正、6枚構成レンス、Deep Fusionなどで構成されている。

 レンズ焦点距離は77mm(35mm換算)のようだ。

 シーン検出に対応するスマートHDR 3撮影、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大60fps)、ナイトモードのタイムラプス撮影に対応している。

 iPhone 13の背面超広角カメラは、1200万画素カメラ、F/1.8絞り値、120度視野角、6枚構成レンス、Deep Fusion、レンズ補正などで構成されている。

 レンズ焦点距離は14mm(35mm換算)のようだ。

 スマートHDR 4撮影、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大4K/60fps)、Apple ProRAW、ナイトモード撮影、ナイトモードのタイムラプス撮影に対応。

●マクロ撮影機能

 iPhone 13 Proのマクロ撮影は、広角カメラ、望遠カメラを使用しても、最短撮影距離(レンズからシャープなピントが得られる最も近い点までの距離)を超えると背面超広角カメラに切り替わり、F/1.8絞り値、レンズ焦点距離26 mm(35mm換算)での撮影モードになる。

 この最短撮影距離については、WWDC21のセッション「What’s new in camera capture」で説明されている。

 iPhone 13 Proは、デュアルeSIMに対応している。

 eSIMはデジタルSIM なので、物理的なnano-SIMを使うことなく、通信事業者(キャリア)のモバイル通信プランをアクティベートできる。

 iPhoneで一度に利用できるモバイルデータ通信ネットワークは1つだけだ。

●既存のMagSafe製品とは干渉に注意

 iPhone 13 Pro Maxと同じ背面カメラユニットを採用したiPhone 13 Proは、MagSafeアタッチメント領域と背面カメラ枠との距離が近くなっている。

 Apple MagSafe充電器を装着した場合、iPhone 12 Proでは空きが約1cmだったのに対して、iPhone 13 Proでは約5mmしかない。

 サードパーティー製MagSafeアクセサリーによっては背面カメラに当たって装着できないものがあるので注意が必要だ。

執筆:大石結花

[MACお宝鑑定団]