NTTは10月1日、基礎数学研究を推進する組織「基礎数学研究センタ」をNTT研究所内に新設すると発表した。「リーマン予想」や「ラングランズ予想」など数学の未解決問題に挑戦し、現代数学における基礎的な理論体系の構築や、量子コンピューティングの計算スピードが速い理由の解明、量子計算機でも破ることのできない新たな暗号方式の考案などを進める。

 同社は「複雑化・多様化する社会問題の解決には、最先端技術の単なる組み合わせではない、長期的視野に立つアプローチが必要」とし「数学は時代を超えて普遍の価値を持つ学問であり、その深い探求や幅広い活用がこれまでとは根本的に異なるアプローチの提案につながる可能性がある」と新組織設立の理由を説明する。

 生命科学や脳科学、社会科学などの未解明な現象などの解明にも、各領域の研究者たちと連携し、現代数学の手法からアプローチを試みる。未知の疾病の解明や新薬の発見、超大規模なシミュレーションと進化するAIによる災害予測、災害救助を本格的に担えるアバターやロボットの構築、人間の脳のダイナミクス、行動メカニズムなどの解明につながる貢献を期待する。

 同組織では今後、社外から基礎数学の研究者を招き入れ、広く学術貢献すると同時に、若手研究者も育成する。同社が2030年の実現を目指す新しい情報処理基盤構想「IOWN構想」実現に向け、各分野の研究組織と協力して研究を進める。