米Appleは10月8日(現地時間)、米カリフォルニア州北部地区連邦地裁に、米Epic Gamesとの訴訟による9月10日の差止命令の保留を求める申し立てを提出した。また、第9巡回区控訴裁判所に控訴した。

 同社が保留を求めている命令は、開発者によるApp Storeの外部での支払いオプションのアプリ内リンクをAppleが禁止できなくなるというもので、12月9日に発効する予定だ。これが発効し、サードパーティーが例えばサブスクリプション料金を自社のWebサイトなどで受け付けるようになれば、Appleは15〜30%徴収している手数料を失うことになる。

 Appleの申し立てが認められれば、命令によるApp Storeルールの変更は、訴訟の終了まで実施されない可能性がある。こうした裁判の終結には通常、数年かかる。

 Appleは8日に提出した文書で、命令に従うことは消費者に害を及ぼす可能性があると主張し、先に法的手続きを実行することを望むと述べた。「命令の保留により、Appleは複雑で急速に進化する法的、技術的、経済的問題に取り組める」という。

 地裁のイボンヌ・ゴンザレス・ロジャース判事は9月の判決で、Appleが独禁法に違反するというEpicの主張を退け、ほぼAppleを支持する判決を下したが、App Store外での支払いオプションという点だけはEpicを支持した。

 Epicはこの判決を不服とし、既に控訴している。

 Appleはこの訴訟が終わるまで、Epicの開発者アカウントを復帰させないとしている。つまり「フォートナイト」などの人気ゲームをiOS端末にインストールできないということだ。

 AppleはApp Storeの収益を公表していないが、米CNBCの分析によると、2020年度のApp Storeの売上高は640億ドル以上という。総売上高2745億ドル(リンク先はPDF)の約23%を占める。