情報筋によれば、Appleは半導体不足の影響により2021年のiPhone 13生産目標を最大1000万台引き下げる見通しだと、Bloombergが伝えている。

 Appleは、2021年10月〜12月に9000万台の生産を見込んでいたようだが、半導体メーカーのBroadcomとTexas Instrumentsが十分に部品供給できずにいるため、この数字は下方修正される見通しだと、Appleは生産提携先に伝えているようだ。

 大手半導体メーカーは需給逼迫が2022年末まで、場合によってはそれ以降も継続すると警告している。

 これとは別に、長引く中国のエネルギー危機が、iPhoneメーカーの頭痛の種になるかもしれない。AppleのサプライヤーであるTPK Holdingは先週、中国南東部の福建省にある子会社が、地元政府の電力制限のために生産スケジュールを変更していると発表している。

 iPhoneの組み立てメーカーであるPegatronが、政府による電力制限の中で省エネ対策を採用してから2週間も経っていない。

[MACお宝鑑定団]